お休みはちゃんと! 訪問看護(ビジナ)のお休み

2022年1月15日

「訪問看護師」と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべますか? 病院や施設で働く看護師に比べるとまだまだ認知度の低い訪問看護師ですが、今回は弊社・ビジナにおける訪問看護師のワークライフバランスについて詳しくご紹介します!

訪問看護に転職するときに、お休みってきになりますよね!?

最近は、365日24時間うんえいをあたりまえのようにしているところが多いから、

前みたいに、土日祝休みって!ところは減ってきています。

 

ビジナはワークライフバランス重視です。

ビジナではワークライフバランスを重視した働き方が推奨されています。それぞれの看護師の状況にあわせて訪問がしやすいように業務が調整されているだけでなく、休みなどが取得しやすいところも特徴です。

 

弊社訪問看護師の基本的な稼働時間は9〜18時。1日の訪問開始時間や終了時間によるところもありますが、基本的には直行直帰することが可能です。

 

訪問の際は事務所に完備されている電動自転車を使ってもいいですし、バイクも相談可能です。

 

基本的には午前と午後で2〜3件ずつ訪問を行います。お昼ご飯は自分の好きな時間・好きな場所でとることができるのも嬉しいポイント。その日のスケジュールによって時間の前後はありますが、1時間しっかりと休憩をすることができます。

 

肝心なのはオンコール対応の日

でも、一番肝心なのは、休みの日までオンコール対応しなきゃいけないの?ってところだと思います。

よくあるのが、週休2日制で、オンコールはスタッフ順番でもつ。

 

でも、結果的に、休みの日にオンコール持つことになって、なんかソワソワ💦 遠出もできない💦 みたいな問題ってよくききます。

 

ビジナでは、オンコールをしたことがない方は不安が少しでも軽くなるよう、上司に相談できる環境も整っているので安心して取り組むことができます。

 

休みはちゃんと取りましょう

そんな問題を解決するために、ビジナでは、オンコールはなるべく昼間出勤しているスタッフがそのまま夜も持つようにしているので、規定のお休みの日はしっかりと休めるようにしています。

 

一方で、ビジナは、基本的に基本的に土・日・祝稼働ですが、これには社長の思いがあって、医療の受けるお客様にとって、土日祝は関係ないということです。

 

もちろん、「マジでそんなこといってるんかよ」、「時代錯誤だな」みたいな意見もわかります。

 

ですが、やっぱり困っている人が目の前にいたら、手を差し伸べたいという考えです。

 

なので、そこに共感してくださる方に少しでも還元するうえで、オンコールの持つ日を工夫したり、休みをとりやすくするなどして、休日はきゅうじつとしてしっかりととっていただけるような体制にしています。

 

なんかこれって、当たり前かな!?と個人的に思っていたのですが、外部の看護師さんに言われてはじめて気づきました。笑

なので、ビジナでは看護師のお休みもしっかりと考えております。

 

まとめ

本記事では訪問看護師のワークライフバランスについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。訪問看護師は数多くある看護師の仕事の中でも、非常にワークライフバランスが整っている仕事であるといえます。

 

心身に負担のかかる夜勤もないため、体力に不安がある方でも安心して続けることができますよ。メディケア・リハビリの看護師に興味を持った方や本記事を読んで気になることがある方はお気軽にお問い合わせください!

 

今日はこのぐらいですね。

ありがとうございました😊