ノルマって!?訪問看護(ビジナ)

2022年1月17日

今日は訪問看護にノルマってあるのって言うテーマに答えていこうと思います

結論から行くと、どこの訪問看護もノルマがあります。

ただ、それを明確に言っているところもありますし、言っていないところもあります。

 

ただ事実として明確なのは、私たちはお客様がいて初めてそこに看護やリハビリのサービスを提供することができ、

 

それに対して医療保険や介護保険と言う報酬をいただくことができます。

 

逆にいえば、それができない限りの売り上げは0です。

 

訪問看護のノルマって、そもそもなに!?

訪問看護ステーションではノルマを設定している訪問看護ステーションもあります。ノルマには二つあり「訪問件数」と「ご利用者さんの獲得件数」です。

 

ノルマというと厳しい目標に感じるかもしれませんが、現実的には一定数は訪問して報酬を得なければなりませんし、ご利用者さんの獲得件数をしなければ会社は存続する事はできません。

 

求人情報でよく見かける、1日5-6件訪問してもらいます。

あれは、5-6件、各スタッフに訪問してもらえれば、

1時間約10,000円だとして

1日60,000円。

20日出勤すれば1,200,000円。

1年間で10,000,000以上の収益が会社に入り、そこからお給料が分配される形となります。

 

よく、数字の事は全くわからないと言う看護師さんやリハビリの方がいますが、

 

これは訪問看護で働く上で自分の給料がどの程度、妥当なのか判断する上でも非常に大事な基準なのでよく知っておく必要があります。

 

なのでなので、例えば営業のスキルがめちゃくちゃ高くて自分でお客さんをどんどん会社に呼び込める人は訪問の件数も増えて自然とお給料も高くなります。

 

これはめちゃくちゃシンプルですがもちろん大変でもありますし、だけどお給料に直結する事でもあります。

 

高給与の裏にはノルマがある

ノルマはどこの訪問看護ステーションでもあるか?というと無い訪問看護ステーションもあります

 

病院の訪問看護師ステーションは病院にもよりますが、利益を出さなくても病院ー訪問看護の連携などでのサービスを提供出来ていれば問題ないと考える医療法人も

 

民間の訪問看護ステーションでも、看護師は看護業務に専念させる為に営業要素はなしという訪問看護ステーションもあります

 

しかしながらケアマネさん等も実際にご利用者さんを見ている看護師さんと話したいとお考えになっている方もいるのでコミュニケーションを看護師が取ったほうが良いと考える訪問看護ステーションもございます。

 

ノルマといっても度合もあるので、その訪問看護ステーションに面接時などにしっかりきいておくのがいいです

 

それでビジナの場合は!?

どうなのかと言うところですが、ビジナの場合は最初お客様がつくまでは頑張って営業に行ってもらいます。 

 

これはどんなに資格を持ってる優秀な方でも必ず行ってもらいます。もちろん先程のノルマと言う点もありますが、

 

自分自身でお客様を獲得する大変さを身に染みて感じることで、その後の長質の高いサービスを提供できると考えているからです。

 

そして、質の高いサービスを提供できるスタッフには高い給料を提供しています。これは当たり前のことです。

 

まとめ

ノルマは設定していなくても、一定数の件数を訪問する事とケアマネさん(病院の退院室など)からのご利用者さんの紹介を受けなければ訪問看護ステーションは成り立ちません。

経営者も訪問看護ステーションを成長させたいと考えているので、

訪問看護ステーションのノルマについて気になる訪問看護師さん・看護師さんご相談ください。