努力が報われる!?働きやすい訪問看護におれはなる!Part5

2022年11月19日

本記事では『仕事で報われない理由&報われる方法』について書いていきます。 ただ働いているだけでは、仕事で報われることが少ないと思いますので、少しでも自分の働き方に疑問を抱かれている方は読んでみてください。

一般の働き方ではほとんど報われません

仕事は誰もが頑張っていれば、自分の満足のいく評価や待遇になるわけではありません。

 

ここでは仕事で報われづらい理由について書いていきます。

 

頑張っても頑張らなくても報酬は一緒

基本的に会社での報酬は役職が同じであれば、さほど変わりません

 

そして、一定の時間までは、質が悪かろうが良かろうが報酬の額は変わりません。

 

なので、あなたも経験があるかもしれませんが「なんで自分は頑張っているのに、ダラダラ働いている人とおなじ給料なんだろう?」といった状況になることもあります。

 

この”正当に自分の働きが評価されない状況こそが一般の人が報われない証明”だったりします。

 

これでは日ごろから頑張っていても、労働の対価としての自分に見合った報酬が得られないことが多々あるわけです。

 

報酬ではなく、成長を意識する

今現在の企業やクライアントからの報酬を意識しすぎると報われていない感覚を持ちやすいといえます。

 

報酬というのは、現在の自分の働きの価値を数字と具体的に表されたモノですから、人によっては「こんなんじゃ割に合わない」と思うことが多くなるかと思います。

 

そして、仕事で報われやすくなる人の特徴として”今ではなく、将来稼ぐお金を意識する”という傾向があるかと思います。

 

なので、結果的に多くお金を稼いだり、やりがいのある働きができる人は”自分の成長を常に考えている”ともいえます。

 

ビジナでは成長できる人材にお給料をだします

上手く成長ができれば、社員として市場価値を高めることもできますし、なにより独立して労働に見合った報酬が受け取れることができるかと思います。

 

ですので、待遇の良さではなく、「自分がより成長できる職場や仕事を選ぶ」ことが最終的に仕事で報われやすくなるといえます。

 

ビジナでは、成長したい! 努力したい!というスタッフを応援しますし、そういった方が高給与を手にします。

 

成長したい社員をあらゆる面から全力で応援しております

ビジナでは週3常勤や出勤時間調整など環境面を整備しつつ、これはスタッフのワークライフバランスに寄与できたらいいという考えからです。

 

・大学院にいってスキルを磨きたい

・訪問業務いがいで会社に貢献して評価してもらいたい

・ゆくゆくは代表 坂本と同じような経営者を目指したい

 

いろいろ想いがあっていいと思います。

わたしはそれを全力でサポートします。