東京は給料マジで高い? 訪問看護師東京編

2023年1月23日

東京都は様々な医療機関が集中しており、看護師の求人も多いエリアです。さらに、東京都の看護師は平均年収も高い傾向にあり人気があります。

東京の看護師の平均年収

東京の看護師の平均年収を、施設形態別に詳しく見ていくと、以下のような結果となりました。※

施設形態 平均年収
病院 456万円
クリニック 407万円
介護関連施設 413万円
訪問介護 442万円
企業 396万円
その他 359万円

 

上記の通り、最も年収が高い施設形態は病院で、看護師や准看護師などを始め、高い年収を手にしている人が多いです。

 

また近年少子高齢化により介護施設における看護師の需要も高まってきています。

 

東京で訪問看護師の給与が最も高い都市ランキング

  1. 東京都 目黒区

    ¥341,893 月給
    3.2k件の給与データ
     
  2. 東京都 品川区

    ¥332,972 月給
    3.5k件の給与データ
     
  3. 東京都 杉並区

    ¥332,938 月給
    6.8k件の給与データ
     
  4. 東京都 大田区

    ¥328,092 月給
    6.8k件の給与データ
     
  5. 東京都 新宿区

    ¥323,797 月給
    3.4k件の給与データ
     
引用:https://jp.indeed.com/career/訪問看護師/salaries/東京都-品川区
 
 

一般企業でも東京の給料は高い

まずは、東京都の平均年収を見ていきましょう。

地方との差を比べるため、地域別の表を作成しました。

都道府県 平均年収
東京都 5,849,300円
神奈川県 5,415,500円
愛知県 5,240,400円
大阪府 5,118,600円
兵庫県 4,952,100円

引用元:令和3年賃金構造基本統計調査

 

令和3年の賃金構造基本統計調査によると、東京都で働く人の月収と特別賞与などを合わせた平均年収は、5,849,300円でした。

2位の神奈川県と比べると40万円以上高く、5位の兵庫県と比べると90万円近くの差があります。

 

また、全国の平均年収は4,893,100円なので、東京都の平均年収は全国平均より約100万円も高いことがわかります。

 

東京都で働く人の平均年収は日本で一番高いといえるでしょう。

 

なぜ東京において賃金は高いのか?

大都市ほど本当に賃金が高くなっているのかを確認するために、まずは現実のデータを概観してみよう。

 

図1は、一人当たり年間所得と人口密度の関係を表したものである。

 

図1(a)が示すように、三大都市圏を中心に大都市ほど1人当たり年間所得が高くなっているのがわかる。

 

そして、都市の指標として人口密度を図1(b)に示しているが、都市部ほど人口密度は高くなっている。

 

大都市ほど1人当たり所得が高いという正の関係は、図1(c)において、より明確に見ることができる。

図1:1人当たり所得と人口密度の関係
図1:1人当たり所得と人口密度の関係
 
 

東京は年収アップにつながる!?看護師の転職

日本の中心である東京で看護師として働くことに憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。東京で勤務すれば最先端の医療に携われるチャンスも多いでしょう。

 

ここでは東京で転職したい看護師向けのおすすめポイントをご紹介します。 

 

看護師の転職で東京がおすすめな理由

  • 給料が高い
  • アクセスが良い
  • 求人が豊富
  • キャリアアップしやすい

順に紹介していきます。

 

給料が高い

東京都の看護師は平均年収が500万円を超えており給料が高い傾向にあります。

 

アクセスが良い

都内は交通の便が良いので通勤時間で時間を取られることは少ないでしょう。

 

また、関東圏にお住まいであれば、東京に住んでいなくても交通機関を利用して東京に勤務することもできるでしょう。

 
周辺には商業施設も充実しているので、プライベートを楽しむこともできます。
 

求人が豊富

東京は多様な医療機関が揃っており、看護師が働ける場所が多く存在します。

 

職場によって分野も様々なので、幅広い選択肢の中から自分がやりたい仕事を探すことができます。

 

キャリアアップしやすい

東京の医療機関は最新の医療体制が整っているため、最先端の医療技術に触れられるチャンスが多くあります。

 

 キャリアアップを目指す看護師のための講演会を行っている団体もあるので、地方よりもキャリアアップしやすい環境が整っていると言えます。
 

 

資格を保持している方は自分の資格を生かせる環境も広がっています。

 

平均年収トップの東京は住みやすい?

平均年収だけを見ると、東京で働くと高収入を得られる可能性が高くなることがわかりました。

しかし、暮らしやすさを考えると、東京に住むには注意が必要です。

 

なぜならば、収入が高いと、税金額も上がってしまうからです。

年収が増えれば増えるほど、支払わなければならない税金も増えてしまうため、思ったよりも手取りが増えないと感じるかもしれません。

 

また、東京は物価が高いため、収入だけではなく支出も多くなる可能性があります。

そのため、平均年収が東京都より低い地方での生活と比較しても、暮らしぶりは変わらない場合もあるのです。

 

比較的物価の安い東京郊外に暮らすのもあり

その場合、通勤に時間を取られることとなり、自由に使える時間が少なくなる可能性もあります。

 

住みやすさを考えると、地方や東京郊外で暮らすのも悪くありません。

 

東京都は平均年収が高い代わりに物価が高いこともあるので、収入だけではなく支出も考えて就職先を選ぶことが大切です。

 

訪問看護ビジナも高給与を約束します。

ビジナはまだまだ3年目のベンチャーですが、東京、大阪、福岡と順調に店舗を増やしており職員の給料も高く設定しています。

 

これはビジナの社長である坂本が社員一人ひとりの生活を豊かにしたいと言う方針を持っているためです。

 

ぜひ一緒に働いてみませんか。